灯喫茶

イラストや、作ったものなどを載せています。喫茶店のような雰囲気のブログにしたいです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月17日北海道立函館美術館に

『琳派・若冲と雅の世界』

を見に行きました。


伊藤若冲は、前にテレビで鬼気迫る鶏の絵を見てから
ずっと気になっていたので、その絵はありませんでしたが、
本物が見れて嬉しかったです。

他の人達の絵も、
四季の様子を背景の色と虫や植物で表した掛け屏風や、
秋の草花を配した屏風、
石灯籠にもみじが照らされている掛け軸など
素敵な作品がありました。

螺鈿の箱やふすまの引手、
銅鏡などの細工物の展示もありました。
絵と同じように、デザインが美しくて細かいのに、
生活に使うものなので丈夫そうで、
昔の人の表現の仕方や集中力は
凄いと思いました。

若冲目当てでしたが、色々な絵や物を通して
昔の人のものの感じ方も伝わってきたような気がして、
面白かったです。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。